History沿革

現在、日本でも広く使われている「ブランド」という言葉。この言葉を、今日のような意味で最初に使ったのは、オグルヴィの創始者、デイヴィッド・オグルヴィでした。

デイヴィッドが自身の広告会社、オグルヴィ・アンド・メイザーを立ち上げたのは、1948年のことです。以来、オグルヴィは、独自のブランディング・ノウハウとクリエイティブの力をいかし、世界中で数多くの実績を上げてきました。現在は、世界126カ国に500以上のオフィスを構え、様々な業種にわたって企業活動をサポートしています。

日本におけるオグルヴィの活動は1995年に遡り、多岐にわたるマーケティング・コミュニケーションサービスを実施してきました。現在、グループ内にはそれぞれ専門分野を持つ6つのマーケティングソリューション ブランドがあります。

オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン 沿革

1984年 東急エージェンシー・インターナショナルと合弁で日本法人を設立
1995年 オグルヴィ・アンド・メイザー社の100%子会社、オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン株式会社として再始動。「ブランドの真の価値を知る人に最も高く評価されること」をミッションステートメントに掲げた。
2002年 1月 オグルヴィ・ワン・ジャパン株式会社設立
2005年 7月 レッド・ワークス・ジャパン株式会社設立
2006年 1月 オグルヴィ・パブリック・リレーションズ・ワールドワイド・ジャパン株式会社事業開始
(旧株式会社IBIからの名称変更)
2006年 4月 ネオ・アット・オグルヴィ株式会社設立
2007年 5月 オグルヴィ・アクション・ジャパン株式会社設立
2011年12月 オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン合同会社へ組織変更
2014年 1月 ジオメトリー・グローバル・ジャパン合同会社事業開始
(同じくWPPグループのG2 Tokyoとオグルヴィ・アクション・ジャパン株式会社が統合し、新ブランドをローンチ)
2015年 4月 ホガス・アンド・オグルヴィ株式会社 事業開始
(同じくWPPグループのホガスとレッド・ワークス・ジャパン株式会社が統合し、新ブランドをローンチ)
2016年 1月 オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン合同会社とオグルヴィ・ワン・ジャパン株式会社が合併。
(存続会社:オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン合同会社)