Executivesエグゼクティブ・メンバー

close_btn

アジャブ・サムライオグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン合同会社
チーフ クリエイティブ オフィサー

ajab

サーチ アンド サーチが全盛の1987年、伝説のクリエーター、ポール・アーデンによって才能を認められ、広告代理店サーチ アンド サーチ ロンドンに入社。

クリエイティブ部門の若手トップの1人として、ソニー、ブリティッシュ・エアウェイズ、ゼネラル・ミルズ、Tモバイル、VISA、パンパース、ボーダフォンなど、様々な分野の大手グローバル・ブランドに携わる。2億ポンド(約300億円)に値する新規ビジネスの獲得にも貢献。

オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパンのチーフ・クリエイティブ・オフィサー就任以前は、WPPにてグローバル・クリエイティブ・ディレクターとして様々なブランドの独創的な活性化に尽力

1990年代の初め、英国で人種差別反対のコミュニケーションの先駆者となり、人種平等委員会の政府の仕事で多くの賞を受賞。1997年にはこれまでの貢献を認められ、英国国会で表彰される。

アジャブは、常にリーダーシップを取り、D&AD、カンヌ、クリオ、エピカ、ユーロベスト、クリエイティブ・サークル、キャンペーン、ワンショーなど、国内外の賞を100以上獲得。現在世界で最も受賞数の多いクリエイティブ・ディレクターの1人。

ジャック・ミックルCEO
オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン グループ

kubo

米国、アジア市場に精通し、インターナショナルに活躍している広告エグゼクティブ。

サーチ&サーチでは、スターバックス、ディアジオ、キャロウェイ・ゴルフをはじめとするクライアントを担当し、トヨタやレクサスの30の市場をまたぐコーディネートを管理する一方、第二世代プリウスのトヨタ史上初のグローバル広告業務も牽引した実績を持つ。 その後、ロサンゼルスでフルサービス・エージェンシー「ニュークリアス・ワールドワイド」を創業。バレーボール・プロフェッショナル協会のプロビーチ・バレーボール・ツアーやスリーデイ・ブラインドの他、スズキ自動車のデジタル業務の指名代理店となる。 2017年3月にオグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン グループCEOに就任。

椎名 礼雄オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン合同会社
チーフ オペレーティング オフィサー(COO)

leo

外資系企業のファイナンス・アナリストとして財務のキャリアをスタートし、後にデロイト・コンサルティングに入社。ビジネス・プロセス・リエンジニアリングに注力し、財務会計プロセスの業務全般に携わる。SOX法の導入に深い経験がある。

2006年、オグルヴィ・アンド・メイザー入社。ファイナンス・マネージャー, グル―プ・ファイナンス・ディレクターを経て、2017年2月COOに就任。

ジャック・ミックルCEO
オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン グループ

ジャック・ミックル

米国、アジア市場に精通し、インターナショナルに活躍している広告エグゼクティブ。

サーチ&サーチでは、スターバックス、ディアジオ、キャロウェイ・ゴルフをはじめとするクライアントを担当し、トヨタやレクサスの30の市場をまたぐコーディネートを管理する一方、第二世代プリウスのトヨタ史上初のグローバル広告業務も牽引した実績を持つ。 その後、ロサンゼルスでフルサービス・エージェンシー「ニュークリアス・ワールドワイド」を創業。バレーボール・プロフェッショナル協会のプロビーチ・バレーボール・ツアーやスリーデイ・ブラインドの他、スズキ自動車のデジタル業務の指名代理店となる。 2017年3月にオグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン グループCEOに就任。

伊藤 直子オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン合同会社
ヘッド オブ プランニング

naoko

20年以上のキャリアを持つマーケティングの専門家として、戦略プランニングを担当。担当業種は、テクノロジー、金融サービス、スキンケア、ヘアケア、飲料等多岐にわたる。

1999年、プランナーとしてオグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパンに入社し2011年より現職。主要クライアントの戦略プランニングを担当すると共に、オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパンの戦略的側面をリードする。
オグルヴィ入社前は、キリンビールでのバドワイザーやハイネケンなどの海外ビールブランドと輸入ワインのマーケティングを担当し、プライス ウォーターハウス & クーパーズでマーケティング専門コンサルタントを務めた経験も持つ。

米国ニューヨーク、コロンビア大学にて修士課程を終了し、オグルヴィ・アンド・メイザー・インディア ニューデリー支社に1年勤務するなど、海外での経験も豊富。
『グロバールブランディング モノづくりからブランドづくりへ』(碩学舎)などの執筆も手掛ける。

齋藤 雅弘オグルヴィ・アンド・メイザー・ジャパン合同会社
エグゼクティブ ディレクター

saito

事業会社での経験を経た後、1994年東急エージェンシーインターナショナルで広告マンとしてのキャリアをスタートし、2002年ビーコンコミュニケーションズの取締役営業本部長に就任。新規開拓活動に力を入れ、営業部門の意識改革を実現すると共に、設立以降最高記録の売上げ&利益に貢献。

2007年よりグレイワールドワイドに活躍の場を移しG2Tokyo マネージングディレクター、グレイワールドワイドCOOを歴任。グレイワールドワイドでは、G2の組織再編を実施し、デジタル領域を中心とする新しいコミュニケーションのプランニング及び実施能力の強化。その後2012年10月にI&S BBDO Proximity Japanに入社し、2013年にはエグゼクティブ・ビジネス・デベロップメントディレクターとして、支店、支社、グループ企業を含む、全社レベルのビジネス拡大戦略の立案、開発業務全般を統括。オンラインエージェンシー業務では、組織をスクラッチから編制した実績を持つ。2004年AMES(Asian Marketing Effectiveness and Strategy Awards)のプラチナ賞を初めとする国内外の多数の広告賞も受賞している。

デイヴィッド・リッテンハウスネオ・アット・オグルヴィ株式会社
代表取締役

david

Neo@Ogilvy (ネオ・アット・オグルヴィ)は、オグルヴィのグローバルメディアエージェンシーとして2006年にNYで設立され、デイヴィッドはこの立ち上げのメンバーの一人。

2014年に活躍の場を10年務めたオグルヴィ・ニューヨークから東京に移し、日本オフィスにてデジタルメディアチームを成功に導く(運営を行う)という役割を担う。コンシューマー、ビジネステクノロジー、自動車産業、ファイナンス、高級品類、携帯端末技術サービスなどの経験を活かし、クライアントに最適なプランやメディアプログラムを提案。

あらゆるタイプのクライアントのマーケティングコミュニケーションを、効果的でクリエイティブ的な方法で、チャレンジする事に醍醐味を感じている。
2015年APAC EFFIE Awardsの審査員、Ad:Tech Tokyo Internationalのスピーカー、 2014年にはTDE Ads Worth Spreadingアドバイザーを務める。

コロラド大学でマス・メデイア・リサーチを専攻。ロンドンのマインドシェア、サンフランシスコのマッキャン・エリクソンに勤務した経験を持つ。 そんな彼が好んでいる創業者デイヴィッド・オグルヴィの言葉がある。「決してテストを止めないこと。そうすれば、広告はどこまでもよくなり続けるはずだ。」